リール黒皮症/四百四病の事典

健康創造塾 病気 健康創造塾 病気 健康創造塾 病気 健康創造塾 病気 健康創造塾 病気 健康創造塾 健康創造塾

∥四百四病の事典∥


リール黒皮症

■化粧品などが原因で顔に色素沈着が生じる皮膚障害

 リール黒皮症とは、化粧品などが原因になることによって、顔に色素沈着を生じる皮膚障害。男性に生じるケースもありますが、大部分は20~50歳の女性にみられます。

 顔では、ほおを中心に耳前部、額、まぶたなどに、紫褐色から黒褐色の網状、斑(まだら)状、またはびまん性の境界のはっきりしない色素沈着を生じます。時には、首や前腕に生じることもあります。

 多くの場合には、色素沈着の前に、顔のかゆみ、あるいは赤みなどがあって、その後、半月から数カ月以内に色素沈着に気付きます。色素沈着ができた後も、かゆみ、赤みが残っている場合もあります。

 原因が不明のこともありますが、大部分はもともと素因のある人に、化粧品皮膚炎などの湿疹(しっしん)のような炎症反応が繰り返し起こった結果、表皮の基底部が破壊され、基底部にあるメラニン色素が真皮内に入るために生じると考えられています。

 かつて、化粧品に含まれるタール系の色素や香料が原因の化粧品皮膚炎が多かった時期に、このリール黒皮症も増加しました。化粧品メーカーがこれらの色素や香料を化粧品から除外してから、リール黒皮症が急激に減少したことからも、化粧品皮膚炎と関連の深いことがわかります。近年は、化粧品の品質向上によってあまりみられなくなっています。

 しかし、リール黒皮症と似たような症状のものに、入浴の時にナイロンタオルなどで皮膚をこすりすぎて、色素沈着するものがあります。若い女性を中心に、胸、背中、腕など下の骨が出っ張っていて、皮下脂肪の少ない部分に生じるのが特徴です。

 ナイロンタオルは木綿のタオルより繊維が強いため、皮膚に加わる刺激が強すぎるのが原因と見なされますので、使用をやめれば自然に治ります。

■リール黒皮症の検査と診断と治療

 大部分は顔面の湿疹様病変の結果生じるため、原因と思われる外来性物質を除くことが重要です。病院で、パッチテストなどを受けて、原因物質を見付けます。

 リール黒皮症そのものに対する特効治療法は、現在のところありません。多くの場合は、皮膚炎の症状が合併しているので、赤みがあったり、かゆみを伴う急性期には、副腎(ふくじん)皮質ホルモン剤の外用、抗ヒスタミン剤やビタミンCの内服などを行います。炎症症状が取れれば、色素沈着は消えるはずです。

 生活上の注意としては、急性期では皮膚のバリア機能が壊れていますので、化粧は一切しないように。マッサージなどの摩擦を避け、日光にもなるべく当たらないほうが安全です。

 急性期をすぎた後は、低刺激性のせっけんや、敏感肌用の化粧品を、徐々に使っていくようにします。

 

ホームへ戻ります コンテンツのトップへ戻ります ページのトップへ戻ります

ホームへ戻ります 四百四病の事典のトップへ戻ります ページのトップへ戻ります


Copyright 2003〜 kenkosozojuku Japan, Inc. All rights reserved.