ルイス・サムナー症候群/四百四病の事典

健康創造塾 病気 健康創造塾 病気 健康創造塾 病気 健康創造塾 病気 健康創造塾 病気 健康創造塾 健康創造塾

∥四百四病の事典∥


ルイス・サムナー症候群

 ルイス・サムナー症候群とは、難病として知られ、運動ニューロン疾患とも呼ばれる筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症と区別しにくい筋萎縮で、免疫療法で治ることが報告され、近年、注目を浴びています。

 この筋萎縮は上腕に起こりやすく、舌下神経、腓骨(ひこつ)神経、坐骨神経などにも起こります。左右非対称に、徐々に筋萎縮、脱力が起こり、時には軽い感覚障害を伴うことも。運動神経伝導検査では100パーセント伝導ブロックが見られますが、感覚神経伝導速度はまったく正常なものが大部分です。

この病気には、ステロイド剤の副腎(ふくじん)皮質ホルモンは無効で、シクロホスファミド、ないしガンマグロブリンの投与で治癒します。まだ本態は十分に解明されていませんが、治療可能な病気となりました。

 

ホームへ戻ります コンテンツのトップへ戻ります ページのトップへ戻ります

ホームへ戻ります 四百四病の事典のトップへ戻ります ページのトップへ戻ります


Copyright 2003〜 kenkosozojuku Japan, Inc. All rights reserved.